一道館開設について


現在、我が国は社会状況を反映して子供たちの基本的な生活態度やマナーの乱れが年々目立つようになってきています。このような子供たちの現れは、われわれ大人社会の反映でもあると言われています。
 現代社会は、物が豊かではあるが心の豊かさに欠けるといわれています。子供たちにわがままをコントロールする力やきまりを守る態度、思いやりや正義感などを育みたいものです。基本的な生活習慣、マナー、善悪の判断力、責任感、我慢する力など、ご家庭でも日々意識して躾ていくことが大切だと思います。
 「三つ子の魂、百まで」ということわざがありますが、幼稚園から小学校の時の躾がなされないと中学になってからではなかなか身につかないものです。そして、躾には厳しさと優しさと、子供に根負けしない繰り返しが求められます。「人に迷惑をかける行為であるかどうか」を判断の基礎にするとともに、良い行いは大いに褒め、悪いことをした時は、しっかりと叱ることが善悪の判断力を身に付けることにつながります。総合学習塾の教育を通して、どんな時でもそれを最後まで成し遂げるような責任感を育むことを大切にします。

安全性にこだわった道場です

熟練の畳職人と何回も相談して作り上げた最新式の科学畳を使いました。また、道場の板の間を無くし、柱にはクッションを付けてあります。

総合学習塾の開設について

なぜ、小学生から必要なのか?
 公立中学校の教師を10年以上つづけてまいりましたが、スポーツ系の部活動で活躍が期待される多くの生徒が勉強との両立ができず、「どっちつかず」になり、苦労している姿を見てまいりました。中学校2・3年生から学習塾に通うと、勉強の習慣がついていないので、なかなか成果を得ることができません。しかも、受験勉強の授業料は高額で、それなりの覚悟をしなければなりません。多くのご家庭が、1年生の学年末の個人面談(三者面談)などで、お子さんの学習成績を知り、高校進学の厳しさを突き付けられます。その結果、親子であわてて塾に通うという流れになります。
 公立中学校では、忙しい時間を詰めて補習授業等を行っている学校もありますが、時間確保が困難なため、ほとんど時間を確保することができません。更に、小学校でマスターするはずの学習が身に付いていないため、せっかく気持ちを入れかえて頑張ろうと思っても、すぐについて行けなくなってしまうのです。その結果、残りの長い中学校の授業が「ただ出席するだけ」になってしまうのです。その時間が実にもったいなく、そして本人にとってもつまらない時間になってしまいます。「誠輝塾」では、学年の壁をなくし、「解る喜び」を大切にします。その子がどこから勉強が解らないのか?を把握し、学習の基礎基本を徹底的に身に付けさせることを目標とします。
 今年度から、高校受験の方法が変わります。基本的な知識が更に大切になります。是非、誠輝塾の指導方針をご理解していただき、勉強と柔道を両立させ、「文武両道」を目指し、素晴らしい未来にするために、知力・体力・精神力を養いましょう。

ご存じですか?
 現在、中学校の保健体育では、選択科目のひとつとして柔道を含む「武道」が授業に取り入れられておりますが、平成21年4月より各地域・学校毎に移行期間となり、平成24年4月から必修科目として全面実施となりました。また、神奈川県の公立高校の受験内容も変わります。前期選抜(昔でいう推薦)が廃止され、独自問題も無くなります。つまり、これからの受験は、更に基礎学力が大切となるのです。小学生の頃から、無理なく基礎学習をする習慣を身に付け、文武両道を目指しましょう。もちろん、学習相談や進路指導もおこないます。
Copyright (C) 2012 ichidoukan Kikuchi douzyo. All Rights Reserved.Designed by BlueDiamond